交流戦 2日目 結果


   交流戦  2010年 3月22日

  〔対戦校〕 京都大学

  〔会場〕  舞洲運動公園

  〔備考〕  20分 × 2Q

 

Team 1Q 2Q Score

京都産業大学

京都大学


(得点者)

#2 大塚

 

 

 

〜1Q〜


交流戦やのにまさかの近所の京大との試合、京都ダービーとなり部員にも熱意が入る

そんな中、抜群の安全性を持つタクシードライバー、#2大塚がショットを放ち先制点をもぎ取る。
しかしその後、京大ライドの網にかかりクリアが出来ず苦しい時間が続く。
必然的に大量のショットを打たれるが2失点に留める

 

 

 

〜2Q〜


京産は今季初出場となる#1西田を投入するが、試合は変わらず京大ペースのまま進む。
DFが長い我慢の時間帯であったが、ピンクのビーノ125ccを乗りこなす

#38野田のボールダウンなどロング陣も運動量をあげる。
竹端の2枚目として入ったG榎本も普段はアメコミみたいな顔をしているが、

この試合では鋭い目つきでショットを止める

そんな中、試合終了。


   交流戦  2010年 3月22日

  〔対戦校〕 GOLD ZEALER

  〔会場〕  舞洲運動公園

  〔備考〕  20分 × 2Q

 

Team 1Q 2Q Score

京都産業大学

GOLD ZEALER 11


(得点者)

***

 

 

 

〜1Q〜


交流戦も最終戦、相手は南海さん、ゴンさん、

そして今年のドラ1、三井さんなど京産が誇る往年の名プレーヤーを擁する

去年の関西クラブ最強のゴジラ。
社会人なんて関係ない!そんな中faceoff

試合序盤からゴジラの球離れともらい出しの早い、

まさに「人とボールが動くラクロス」に翻弄され、失点がかさむ。


〜2Q〜


このQでもゴジラペースは続き、DF時間が長くなる。

しかし京産の播戸竜二(を目指している)#19木戸口の本当のポークや

膝オムツ、#17田村のパスカットや激チェックでボールを奪う場面も見られた。


しかしここで試合終了

・・・ちなみに三井さんは5点取るという大物っぷりを発揮した